BLOG

【古物商許可申請】ネット販売するときに必要な3つの必要書類

こんにちは。
行政書士の江尻有希です。

中古品を売買するためには、古物商の許可を取る必要があります。

最近では、自社のECサイトだけでなくて、ヤフーショッピングやメルカリshopで売買する方もいるようですね。

あわせて読みたい

古物商許可申請が下りました【標準処理期間は40日です】
中古品をネット販売する場合の古物商許可申請の必要書類や費用
個人で古物商許可を取ったあとに法人化した場合の手続き


ネット販売を視野に入れている場合は、対面のみの申請書類にプラスして、下記の3つの資料を提出する必要があります。

①古物商を行うサイトのURL
②サイトのトップページ画像
③ドメインが申請者本人であることの証明書

 

①古物商を行うサイトのURL

警察署ホームページでは、URLを記載する様式がダウンロード出来るようになっています。

下記からダウンロードして、自社サイトのURLを一マスに一字ずつ書いて添付してくださいね。

熊本県警察 古物営業関係申請等様式一覧

 

②サイトのトップページ画像

申請の段階なので、完璧に仕上げる必要はありません。
許可か不許可か分からない状態で、サイトを完成させるのは大変です。

最低でも、トップページにお店の名前が記載してあったり、枠組みだけでも作ってあれば「サイトは実在する」ということが分かるのOKです。

ただ、判断基準は自治体によって違う可能性があるので、事前に確認することをお勧めします。

③ドメインが申請者本人であることの証明書

サイトを作るとき、ドメインを取得してサーバーをレンタルして・・と順番がありますね。
サイト作成を業者に頼む際も、同じ手順だと思います。

この取得したドメインが、「古物商許可の申請者本人である」という証明書が必要です。

下記のサイトで自分のURLを入力して検索すると、所有者情報が出てきます。

WHOIS検索 | ドメインの所有者情報を簡単検索 | すぐに使える便利なWEBツール | Tech-Unlimited

 

とても小さな英字がズラズラと並んで見にくいですが、その中に所有者名が必ず記載されています。
その所有者名が申請者本人であることを確認したら、マーカー等で印を付けて提出してください。

たまに、所有者名がドメイン会社やサイト制作業者の場合があります。
その場合は、それぞれに問合せて事情を説明したら大丈夫です。

ヤフーショッピングやメルカリshop等は、「古物商許可取る場合は~」とURL証明の説明書きがあります。
案内に従って、出したものを提出しましょう!

お困りごとやご相談は、行政書士江尻有希事務所へお気軽にご連絡ください。
あなたに合った方法をご提案いたします。

関連記事

ページ上部へ戻る