アーカイブ:2022年 9月

  1. 遺産分割協議とは?

    遺産分割協議とは、遺産について相続人全員で話し合うことです。具体的には、「遺産をどういうふうに引き継ぐのか?」「誰がどういった遺産を受け継ぐのか受け継がないのか?」等を話し合います。誰が話し合うかというと、相続人です。

    続きを読む
  2. 相続で請求しないともらえないお金3選

    相続で、請求しないともらえないお金は「保険金、年金、葬祭費」です。保険金保険金は、生命保険の死亡保険金と医療保険金があります。

    続きを読む
  3. 借地権と借家権のちがい

    借地権は、土地を使用できる権利。借家権は、建物を使用できる権利です。https://ejiri-web.com/leased-land/借地権借地権は、他人の土地についての契約を交わした場合に、他人の土地を使用できる権利です。

    続きを読む
  4. 相続人全員が相続放棄をしたら、借金はどうなるの?

    相続人全員が相続放棄をしたら、借金はチャラになります。「借金がたくさんあって、とてもじゃないけど返すことができない!」という場合に、相続放棄を検討します。

    続きを読む
  5. 補助金を申請するならジービズIDの取得はお早めに

    ジービズIDという言葉は、補助金をお考えの方は耳にしたことがあるかと思います。申請をする時に、このIDが必要になる場合があるので、「補助金を申請する場合は、事前にジービズIDを取得してくださいね」と案内があるからです。

    続きを読む
  6. 自筆証書遺言と公正証書遺言の特徴

    一般的な遺言書として、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。自筆証書とは、民法という法律で定められた方式に従って、自分自身で紙に書いて作成するものです。

    続きを読む
  7. 建設業許可を取得したら毎年すること

    建設業許可を取得したあとは、毎年、事業年度が終了してから期限内に「事業年度終了届」を提出する必要があります。この届出は、建設業の更新をするために大切なもので、さらに期限内に届出を行わなかった場合は、始末書の提出や罰則にも科されるケースがあるので注意が必要です。

    続きを読む
  8. 契約書作成の基礎知識

    契約とは契約とは、法律上の効果をもたらす意思の合致で、契約書面がなくても成立します。ただし、農地賃貸借や事業用借地権など、文書でないといけないものもあるので注意が必要です。契約書の基礎契約書は、「タイトル→前書き→本文→後書き→日付→住所→氏名→捺印」の順番で構成されています。

    続きを読む
  9. 遺言書がある場合、遺言内容と異なる遺産分割をしてもいいのか?

    相続人全員で分割協議を行えば、遺言と違う内容で相続をすることができます。遺言書がある場合、遺言が遺産分割協議よりも優先されます。それに、亡くなった人の気持ちを尊重したいものですよね。

    続きを読む
  10. 自動車の相続手続きのやり方

    普通自動車の場合は運輸支局で、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で手続きをします。普通自動車と軽自動車では、手続き先も手続きの複雑さも違います。軽自動車は届出だけでOKで、普通自動車に比べると簡単です。普通自動車でも査定価格が低ければ手続きは簡易的です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る