アーカイブ:2022年 2月

  1. 福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金がスタート

    令和4年2月から9月までの間、福祉・介護職員の処遇改善を図るための「福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金」が交付されることになりました。支給額ある月の総報酬に、下記の各サービスごとに決められた交付率を掛けた金額が、交付額になります。

    続きを読む
  2. 【事業復活支援金】令和3年分(2021年)の申告書は必要?

    事業復活支援金とは新型コロナの影響を受けた中小企業、フリーランス、個人事業主などに対する給付金です。支給額は売上の減少額により決まり、個人事業主の場合は最大50万円、法人の場合は最大250万円です。

    続きを読む
  3. 契約書作成の基礎知識

    契約とは契約とは、法律上の効果をもたらす意思の合致で、契約書面がなくても成立します。ただし、農地賃貸借や事業用借地権など、文書でないといけないものもあるので注意が必要です。

    続きを読む
  4. ものづくり補助金 第10次スケジュール

    「ものづくり補助金 第10次」の公募要領が公開されました。公募要領とは、ルールブックのようなものです。補助金を申請する前に、必ず目を通しておきましょう。

    続きを読む
  5. 建設業許可(新規)の基礎知識

    建設業許可とは、不良工事が行われることを防止するための制度です。許可を取得した業者は、請負代金が500万円以上の大きな工事をすることができます。建設業許可は有効期限があり、5年毎に更新をする必要があります。

    続きを読む
  6. 【会社設立の基礎知識①】募集設立と発起設立

    株式会社を設立する方法には、下記の2つがあります。①発起設立②募集設立発起人(新しい会社を企画して設立の手続きを進めていく人)だけの出資で、会社を設立することを①発起設立、発起人以外にも出資者を募集する設立方法を②募集設立、といいます。

    続きを読む
  7. 建設業許可申請で必要な残高証明の日付

    建設業許可を申請する際、確定している直前の決算期の財務諸表や残高証明に基づいて、財産的基礎の要件に該当しているかを判断されます。これは、建設業法が建設工事の適正な施工を目的としていることから、工事材料や職人の手配を行うにあたっての、必要最低限の資金の有無を確認するためです。

    続きを読む
  8. 障害福祉サービスの開設にともない気を付けたいこと

    障害福祉サービスを開設する場合、要件に該当した人や建物を用意する必要があります。要件に合った施設を作るために、内装工事の事ばかりを考えて消防関係に頭が回っていないと、後から手間やお金が掛かる場合があるので注意が必要です。福祉事業は、他の事業と大きく違うところがあります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る