BLOG

就労継続支援B型を運営するための建物が二階建ての場合、エレベーターは必須?

現在、障害福祉サービス施設指定申請を2件受けています。

その中で疑問に思ったこと。
就労継続支援B型を利用する方は、知的障害者・精神障害者・身体障害者など他にもいらっしゃいます。
施設が二階建ての場合、身体障害者の方はどうやって二階に行くのでしょう?
階段ではなくてエレベーターが必要になりますが、

=======

就労継続支援B型を運営するための

建物が二階建ての場合、エレベーターは必須なのか??

=======

障害福祉サービス施設を運営するには、設備基準を満たさないといけません。
もちろん就労継続支援B型も。

施設基準として、訓練作業室・相談室・洗面所・多目的室などが必要になります。
そして、「利用者の特性に応じたもの」とあります。

だからといって、エレベーターが必須!エレベーターがないと申請は下りません!という事ではありません。

例えば、就労継続支援B型を運営するにあたり、受け入れる利用者さんに身体障害者の方がいらっしゃればエレベーターは必要になるけど、知的障害者、精神障害者のみにした場合は、エレベーターがなくても大丈夫なケースが多いです。

ただ、知的障害者の方でもエレベーターが必要な方もいらっしゃいます。
どうしてもエレベーターを設置できない場合は、「エレベーターがない場合は、どうするのか?」という対策を必ずしておかないといけません。

申請が無事に下りるためにもですが、利用者さんが利用しやすい施設にするために、設備に関しては慎重に進めていかないといけないですね!

 

関連記事

ページ上部へ戻る