BLOG

就労継続支援の管理者になるには、どんな資格が必要??

障害者福祉施設に関して、ご質問を受けることが多いです。

最近では、ブログのコメントから質問を頂くこともあります。
先日いただいたご質問は、「管理者にはどんな資格が必要か?」というもの。

障害福祉サービスの人員基準には、①サービス管理責任者、②生活支援員、③職業指導員、④管理者、などがあります。

今回は、上記の中の④管理者の要件について。

就労継続支援を行う場合の管理者の資格要件は、次の4つのうち1つを満たす方です。

①社会福祉主事資格要件に該当する者

②社会福祉事業に2年以上従事した経験のある者

③企業を経営した経験を有する者

④社会福祉施設長認定講習会を修了した者

 

ちなみに、就労継続支援ではなくて療養介護の場合は、医師であること。
生活介護・自立訓練・就労移行・障害者支援施設の場合は、上記の表の①、②、④のどれかを満たしていればOKです。

それ以外の障害福祉サービス事業の管理者については、特に資格要件の定めはありません。

ページ上部へ戻る