遺言書

  1. 遺言書は自筆証書と公正証書どちらで作成する?遺言書を公正証書で作った方が良い理由 

    そろそろ遺言書を作ろうかな?自筆証書と公正証書は何が違うの?どちらで作ればいいか分からない・・と、お悩みではないですか?この記事では、遺言書の種類の説明とともに、それぞれの違いやメリットデメリットを紹介していますので、自分がどの方法で遺言書を作成すれば良いか分かります。

    続きを読む
  2. 遺言書が2通見付かった場合、どちらの遺言書が有効?

    遺言書が2通見付かった場合、日付の新しい方が有効です。複数の遺言書が見付かったときに、どの遺言を有効にするかは、日付が重要になってきます。 なぜなら、遺言の制度は「遺言書を書く人の意思を尊重すること」を目的にしているからです。これは、公正証書遺言でも自筆証書遺言でも同じです。

    続きを読む
  3. 自筆証書遺言と公正証書遺言の特徴

    一般的な遺言書として、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。自筆証書とは、民法という法律で定められた方式に従って、自分自身で紙に書いて作成するものです。

    続きを読む
  4. 遺留分の請求方法

    遺留分の請求は、「遺留分を請求します」と伝えればOKです。遺留分とは、相続人が最低限もらえる遺産のことです。たとえば、お父さんが残した遺言書に「長男にだけ相続する」と書かれてあったら、弟が「僕にも遺産をちょうだいよ」と言える権利のことです。

    続きを読む
  5. 【遺言書特集】遺言書は自分で書く?専門家に頼む?2つの違い

    「遺言書を作ってみようかな」と考えたとき、自分で作ろうか?専門家に頼もうか?と迷われる方もいらっしゃると思います。そこで今回は、自分で作る場合と専門家に頼む場合の違いをまとめてみました。

    続きを読む
  6. 遺言書の種類

    遺言の種類遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。自筆証書遺言・遺言者が遺言の全文、日付、氏名を自書して押印する・財産目録に関しては、パソコンで作成してもOK。・証人は不要ですが、検認は必要。※法務局に保管した場合、検認は不要。

    続きを読む
  7. 遺言書を作成するときの遺言のポイントと遺言の種類を解説

    遺言書について知りたいと思っていませんか?○遺言書を書く時のポイントが知りたいな○遺言書にはどんな種類があるんだろうこんな疑問にお答えいたします!本記事の内容遺言と遺贈遺言のポイント遺言の種類✔記事の信頼性行政書士...

    続きを読む
  8. 7月の遺言講座は4名の方に参加いただき無事に終了しました!

    令和2年7月22日(水)に、熊本県宇城市小川町の河江コミュニティセンターで遺言講座を開催しました。今年に入って、コロナウイルス感染拡大防止のために開催を中止していましたが、6月辺りから落ち着いてきたので再開しました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る