補助金・給付金

  1. 令和5年(2023年度)の補助金が発表されました!

    経済産業省より、令和5年(2023年度)の補助金が発表されました。令和5年度の補助金情報を見る簡単にポイントを解説します。

    続きを読む
  2. 補助金を申請するならジービズIDの取得はお早めに

    ジービズIDという言葉は、補助金をお考えの方は耳にしたことがあるかと思います。申請をする時に、このIDが必要になる場合があるので、「補助金を申請する場合は、事前にジービズIDを取得してくださいね」と案内があるからです。

    続きを読む
  3. 補助金の加点項目とは?

    まずは、補助金の採択の仕組みを簡単に説明します。計画書を作って申請すると、外部の審査員が審査をします。その審査員が付けた点数の高い順に、予算がつきるまで採択される、といった仕組みで採択・不採択が決まります。その時に、「加点項目」というものが用意されています。

    続きを読む
  4. 【最大250万円】事業復活支援金の締切が延長されました

    コロナの影響で売上が下がった事業者様向けの補助金や給付金、支援金がたくさんありますね。その中の1つ事業復活支援金の締切期限が6月17日に延長されました。事業復活支援金は、要件に該当すれば最大250万円の支援金を受け取ることができます。

    続きを読む
  5. 【事業復活支援金】令和3年分(2021年)の申告書は必要?

    事業復活支援金とは新型コロナの影響を受けた中小企業、フリーランス、個人事業主などに対する給付金です。支給額は売上の減少額により決まり、個人事業主の場合は最大50万円、法人の場合は最大250万円です。

    続きを読む
  6. 事業復活支援金について

    新しい給付金「事業復活支援金」の申請受付期間が、1月31日~5月31日との発表がありました。事業復活支援金は、新型コロナウイルス感染症により、売上減少した事業者に事業規模に応じて支給される給付金です。単純に売上が下がっただけではなく、「コロナが原因で」というところが注目されます。

    続きを読む
  7. 【12/24更新情報】事業復活支援金はどんなお金?いくら給付される?

    会社や個人向けに、コロナに関する補助金や給付金が色々と出ていますね。コロナが流行した当初に始まった、「持続化給付金」を覚えていますか?法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円がもらえるということで、コロナの影響で売上が下がった事業者は助かりましたね。

    続きを読む
  8. 事業を継続するための戦略を実現するための2つの方法

    こんにちは。行政書士の江尻有希です。開業したばかりの方や、コロナで売上が下がってしまった事業者様は、「これからどうしていこうか?」と戦略を練っているかもしれませんね。その戦力を実現するための、強い味方となるのが下記の2つです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る