遺言書

  1. 相続手続きが難しいと感じる理由

    相続手続きが難しいと感じる理由は、ネットや書籍を見ても、相続手続きの内容は一人一人違うから。被相続人は年々増え続けていて、令和3年は145万人にのぼるとか。

    続きを読む
  2. 遺産分割協議とは?

    遺産分割協議とは、遺産について相続人全員で話し合うことです。具体的には、「遺産をどういうふうに引き継ぐのか?」「誰がどういった遺産を受け継ぐのか受け継がないのか?」等を話し合います。誰が話し合うかというと、相続人です。

    続きを読む
  3. 相続で請求しないともらえないお金3選

    相続で、請求しないともらえないお金は「保険金、年金、葬祭費」です。保険金保険金は、生命保険の死亡保険金と医療保険金があります。

    続きを読む
  4. 相続人全員が相続放棄をしたら、借金はどうなるの?

    相続人全員が相続放棄をしたら、借金はチャラになります。「借金がたくさんあって、とてもじゃないけど返すことができない!」という場合に、相続放棄を検討します。

    続きを読む
  5. 自筆証書遺言と公正証書遺言の特徴

    一般的な遺言書として、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。自筆証書とは、民法という法律で定められた方式に従って、自分自身で紙に書いて作成するものです。

    続きを読む
  6. 遺言書がある場合、遺言内容と異なる遺産分割をしてもいいのか?

    相続人全員で分割協議を行えば、遺言と違う内容で相続をすることができます。遺言書がある場合、遺言が遺産分割協議よりも優先されます。それに、亡くなった人の気持ちを尊重したいものですよね。

    続きを読む
  7. これを受け取ると、相続放棄ができなくなります!

    下記のものを受取ると、相続放棄をしたくてもできなくなります。・入院保険金・受取人の指定がない保険金・還付された税金、年金、保険料・預金、株式、不動産相続放棄とは、家庭裁判所に申し立てて初めから相続人ではなかったことにしてもらう制度です。

    続きを読む
  8. 医療保険と死亡保険の相続手続きの違い

    医療保険と死亡保険の大きな違いは、遺産分割の対象となるかならないか、です。医療保険とは入院したときの保険で、「入院したら1日○○円」とか「手術したら○○円」といったものです。

    続きを読む
  9. 相続人が誰もいない!「おひとりさま」の相続はどうなる?

    「おひとりさま」の相続は、遺言書がなければ相続財産管理人を選任して国庫へ帰属します。「おひとりさま」。今でこそ、普通に使われるようになってきた言葉ですね。

    続きを読む
  10. 受取った死亡保険金は、特別受益(特別に受けた利益)にあたるの?

    受取った死亡保険金は、特別受益にはあたらないと解釈されています。特別受益とは、簡単に言うと「えこひいき」みたいなものです。遺産を分けるとき、本来ならば平等に、あるいは法定相続分を基準に考えていきます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る