相続

  1. 遺言書のメリット

    遺言書を書いておくと、遺産分割協議をする必要がないのでトラブルを軽減できます。相続が「争族」と言われる原因は、遺産分割協議の際に揉めることが多いからです。相続人が同意をしてくれない、つまり遺産分割協議書に印鑑を押してくれないので、相続手続きを進めたくても進めることができません。

    続きを読む
  2. 疎遠になっている相続人に連絡を取るときのポイント

    相続人が、自分と亡くなった人の兄弟の場合、大人数になることがあります。しかも、高齢になると亡くなっている兄弟もいます。その場合は、亡くなっている兄弟の子供たちが相続人になるので、連絡を取るのが難しいケースもあるようです。

    続きを読む
  3. 相続の諸問題

    相続が発生すると、下記のような諸問題が起きます。①預金口座の凍結「亡くなった父親の口座から預金を下ろしたい」等と銀行の窓口に行くと、預金口座が凍結され、引き出しや解約ができなくなります。解約をするには、相続人全員の承諾が必要です。

    続きを読む
  4. 身寄りのない人の財産はどうなる?!

    身寄りのない人の財産は、最後は国庫に帰属されます。身寄りのない人が死亡すると、場所にもよりますが、住んでいたアパートの大家さんが、路上だったら警察が、入院していたなら病院が自治体に連絡をします。

    続きを読む
  5. 遺贈とは?

    遺贈は、相続人ではなくて相続人以外の人に遺言書によって相続させることです。ここで贈与と遺贈の違いですが、贈与は生前に行われ、遺贈は、遺産を残す人の死後に、遺言書によって行われます。また、よく勘違いされるのが、遺贈にかかる税金についてです。

    続きを読む
  6. 生命保険金の受取人を、遺言書で変更することは可能?

    生命保険金の受取人を、遺言書で変更することは可能です。(遺言による保険金受取人の変更)第四十四条 保険金受取人の変更は、遺言によっても、することができる。保険法遺言書でできることは、法律で定められているものです。

    続きを読む
  7. 生命保険の解約返戻金には、税金は掛かる?

    生命保険の解約返戻金には、税金がかかります。掛かる税金の種類は、「契約者・被保険者・受取人」等の契約形態、「満期・死亡」等の保険事故、「契約者・契約者以外」等の生命保険料の負担者、解約返戻金受取人、によって贈与税・所得税・相続税と違ってきます。

    続きを読む
  8. どこから情報を得て銀行口座は凍結するのか?!

    相続人本人が、銀行に電話をしたり窓口で話すので、亡くなった方の名義の口座が凍結します。誰かが亡くなると、その方名義の口座が凍結するのはよく知られています。でも、銀行はどこから情報を得て、口座を凍結させるのか?と疑問に思いますよね。

    続きを読む
  9. 土地の評価単位

    土地は、地目ごと利用区分ごとに評価します。誰かが亡くなると相続手続きを開始するわけですが、同時に相続税を気にされる方が多いです。とくに土地の評価方法が分かりにくく、心配になりますよね。土地の評価方法については、下記の記事をご参照ください。

    続きを読む
  10. 遺産は法定相続分で分けないといけない?!

    遺産は、自由に分けることができます。相続が起こったら、相続人の間で決める『遺産分割協議』というものがあります。遺産分割協議の中で思い込んでいる方が多いのが、『遺産は法定相続分で分けないといけないのか?』です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る