遺産分割協議

  1. 遺産分割協議とは?

    遺産分割協議とは、遺産について相続人全員で話し合うことです。具体的には、「遺産をどういうふうに引き継ぐのか?」「誰がどういった遺産を受け継ぐのか受け継がないのか?」等を話し合います。誰が話し合うかというと、相続人です。

    続きを読む
  2. 遺言書がある場合、遺言内容と異なる遺産分割をしてもいいのか?

    相続人全員で分割協議を行えば、遺言と違う内容で相続をすることができます。遺言書がある場合、遺言が遺産分割協議よりも優先されます。それに、亡くなった人の気持ちを尊重したいものですよね。

    続きを読む
  3. 寄与分と特別寄与料のちがい

    寄与分と特別寄与料。とても似ている言葉ですよね。この違いは、主張できる人が「相続人」か「相続人以外の親族」か、です。寄与分寄与分を主張できるのは、相続人です。相続人だからといって、何もしていない相続人は主張することはできません。

    続きを読む
  4. 遺産分割協議をするときに、未成年の子がいる場合

    未成年者は法律行為ができないので、遺産分割協議をすることができません。父親が亡くなって、相続人が母親と未成年の子供だったら遺産分割協議はできないのかというとそうではありません。こんな時は、代理人を立てれば遺産分割協議をすることができます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る