後見制度

  1. 認知症になったときの身の回りのことが心配!そんな時に役立つ後見人制度

    頼れる親族がいないから将来が心配だ・・認知症になったら財産管理はどうしよう?信頼できる人に身の回りのことを任せたいなと悩んでいませんか?この記事を読むと、認知症になったときの財産管理などをサポートしてくれる後見制度について分かり、将来の心配が軽減されます。

    続きを読む
  2. 任意後見制度の利用の手順

    任意後見契約を結んだ場合、次の流れで任意後見人の支援が始まります。

    続きを読む
  3. 任意後見契約の種類

    任意後見契約には、3つの種類があります。①将来型判断能力がしっかりしているうちに、自分の信頼できる人に、財産管理や身上監護等をお願いして契約をします。ただし、お願いされた人が財産管理などの後見業務ができるのは、本人の判断能力が不十分になってからです。

    続きを読む
  4. 任意後見契約を結ぶときに、考えておきたい他の契約

    任意後見人は、原則誰でもなれて、親族はもちろん友人や行政書士でもOKです。≪関連記事≫https://ejiri-web.com/guardian/任意後見契約を結ぶことで、判断能力が低下したときに後見業務を行うことができます。

    続きを読む
  5. 法定後見制度と任意後見制度のちがい

    成年後見制度とは、判断能力が不十分な人のサポートや、法律的に支援を行う制度です。成年後見は、「後ろから見る人」という意味合いで、認知症の方などのサポートを行います。

    続きを読む
ページ上部へ戻る