契約書

  1. 契約書作成の基礎知識

    契約とは契約とは、法律上の効果をもたらす意思の合致で、契約書面がなくても成立します。ただし、農地賃貸借や事業用借地権など、文書でないといけないものもあるので注意が必要です。

    続きを読む
  2. 改正民法による契約書の影響

    こんにちは。行政書士の江尻有希です。売買や請負・贈与など、企業でも個人でも「契約書」を作る場面が多く存在します。契約書は、取り決め内容の確認もできて、万が一トラブルが起きた時の重要な証拠にもなり、とても重要なものですよね。

    続きを読む
  3. 契約書の印紙について

    契約書の種類によっては、印紙税が課されるので作成した契約書に収入印紙を貼付して消印しなければいけません。あわせて読みたい契約書をつくるメリット収入印紙の貼付を忘れた場合、契約自体は有効です。

    続きを読む
  4. 契約書をつくるメリット

    こんにちは。行政書士の江尻有希です。契約書についてご質問をいただくことがあります。お話をしていて、「決めたことを書面に残さないと無効になってしまう」と思われている方が多いようです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る