任意後見

  1. 任意後見制度の利用の手順

    任意後見契約を結んだ場合、次の流れで任意後見人の支援が始まります。

    続きを読む
  2. 任意後見契約を結ぶときに、考えておきたい他の契約

    任意後見人は、原則誰でもなれて、親族はもちろん友人や行政書士でもOKです。≪関連記事≫https://ejiri-web.com/guardian/任意後見契約を結ぶことで、判断能力が低下したときに後見業務を行うことができます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る