ブログ

事業再構築補助金でどの類型を選ぶ?

類型を選ぶポイントは、「メインの事業を何にするか?」です。

コロナウイルス感染症が流行して、困っている会社が今でもたくさんあります。
そんな会社を助けましょう、ということで2021年4月より「事業再構築補助金」が始まりました。

この補助金は、その名の通り「事業を再構築するための取組」を行った経費に対して補助が出ます。

事業再構築の定義には、下記の通り5つあります。

  • 新分野展開
  • 事業転換
  • 業種転換
  • 業態転換
  • 事業再編

 

それぞれの意味が公募要領や手引きに記載されていますが、少々分かりづらいですよね。
とくに、新分野展開と事業転換で迷われる方が多い印象です。

これらの類型の要件は、下記の通りです。

新分野展開・・①製品等の新規性要件、②市場の新規性要件、③新事業売上高10%要件
事業転換・・①製品等の申請、②市場の新規性要件、③売上高構成比要件

 

見て分かる通り、売上に関する要件が違います。

新事業売上高10%要件とは、「事業再構築補助金を使った新事業の売上は、会社全体の売上の10%以上を占めてくださいよ」ということ。
売上高構成比要件とは、「新しい事業は、最も高い売上高にしてくださいね」ということです。

つまり、メインの事業は既存のままであれば新分野展開、これを機に思い切って他の事業に舵をきるのであれば、事業転換に該当する可能性があります。

関連記事

ページ上部へ戻る