創業・起業サポート

「飲食店をやりたい」、「施設を作りたい」、「サロンを始めたい」と考えても、何から手を付ければ良いのか分からず、不安な方が多いと思います。

◎個人事業主がいいのか?会社がいいのか?
◎資金調達はどうしたらよいのか?
◎許認可は必要なのか?
◎事業開始後の経営が不安

などと、事業を始めるうえで考えることはたくさんあります。

創業・起業でどんなことにお困りなのかお聞かせください。
まずは相談無料にてヒアリングを行い、弊所ができるサポート内容をご案内いたします。
ご相談内容によっては、創業開始前だけでなく創業開始後も財務面からフルサポートをさせていただきます。

会社・法人設立をサポートいたします


弊所では、①会社の種類は何にするか?②資本金をいくらにするか?③自分のサービスと市場、競合はどうか?④場所はどこでするか?など、一つずつヒアリングを行い、
依頼者様の考えに見合ったサービスをご提案させていただき、サポートを行います。

会社・法人設立 料金

 

会社設立 75,000円(税込82,500円)
合同会社(LLC) 50,000円(税込55,000円)
NPO法人 150,000円(税込165,000円)
〇上記とは別に、司法書士(登記)の手数料が掛かります。
〇上記以外についても、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ後の流れ

 

お問合せ
お問合せフォームよりご連絡ください。

ヒアリング(初回相談無料)
依頼者様のご相談内容をお聞かせください。

ご依頼
お見積もりを提示して、ご依頼となれば契約書を交わします。

基本事項の決定
会社・法人設立に関して、基本事項の確認を行います。
設立についてのアドバイスを適時させていただきます。

定款作成
必要事項が決まったら、定款を作成いたします。

定款認証
公証役場にて作成した定款の認証を行います。


登記申請・登記完了(司法書士)
連携している司法書士へ繋ぎます。
お客様ご自身で、司法書士を探す必要はありません。

〇上記以外についても、お気軽にお問い合わせください。

 

創業融資のサポートをいたします

 

新しく会社を作るときには、パソコンやプリンターなどの設備、車や事務所、営業をスタートしてからの従業員の給料など、たくさんのお金を準備しなければいけません。

 

そのためにコツコツと自己資金を貯めている方もいますが、それだけで足りない場合は①知人からの援助②融資③助成金・補助金の活用④出資を募る、といった方法で資金調達をする必要があります。
上記の方法の中で最も利用されるのが②の融資です。

 

しかし、誰にでも融資してくれるわけではありません。

融資を申し込む際には、審査を通過するために重要な創業計画書が必要であり、その中には事業の見通し(収支予定)などを記入する欄があります。面談で出てくる質問やその答え方・融資を受けるためのポイント・面談担当者が分かりやすい事業計画書の書き方をしっかりとお伝えしながら、創業融資のサポートをいたします。

融資サポート 料金

 

創業融資 着手金/40,000円(税込44,000円)
成功報酬/融資実行金額の5%

〇融資が実行されなかった場合でも着手金、事業計画書作成報酬はお返しいたしませんのであらかじめご了承ください。

 

お問い合わせ後の流れ

 

お問合せ
お問合せフォームよりご連絡ください。

ヒアリング(初回相談無料)
当事務所のヒアリングシートを基に、ビジネスプランその他、創業計画書に必要な事項を確認いたします。

ご依頼
お見積もりを提示して、ご依頼となれば契約書を交わします。

着手金のお支払い
指定口座に、着手金をお支払いください。

事業(創業)計画書作成
必要書類を準備しながら、融資を成功に導く事業計画書を一緒に作っていきます。 (作成代行可能)

融資お申し込み
日本政策金融公庫へ融資申請を行います。(依頼者様)


融資面談対策
融資面談に向けての、面談のアドバイスを行います。

面談
日本政策金融公庫の融資担当者との面談(依頼者様)


融資審査
融資審査後、審査結果の通知が届きます。

契約
日本政策金融公庫と金銭消費貸借契約を締結します。

融資開始
当事務所へ報酬のお支払いをお願いします。

ご返済開始

〇融資が実行されなかった場合でも着手金、事業計画書作成報酬はお返しいたしませんのであらかじめご了承ください。

 

許認可申請を行います

 

これから始める事業によっては、許認可等が必要な場合があります。

例を挙げると、建設業、飲食店、介護・福祉事業、古物商、宅建業等たくさんあります。
許認可申請は、申請書類の作成だけでなく、行政とのやりとりが必要になることがほとんどです。
何度も役所へ足を運ぶ時間や手間を考えると、許認可申請の専門家に任せる方が、スムーズです。

各種許認可申請 料金

 

種類 報酬額 申請手数料
古物商許可 45,000円(税込49,500円) 19,000円
宅建業許可(知事) 105,000円(税込115,500円) 33,000円
飲食業許可 45,000円(税込49,500円) 17,000円
障害福祉サービス施設指定申請 220,000円(税込242,000円)
建設業許可(知事) 150,000円(税込165,000円~) 90,000円

〇上記以外の許認可申請についてもお気軽にお問い合わせください。

 

行政書士 江尻有希(えじりゆき)のプロフィール

 

障害者に関するボランティア活動のお手伝いをする中で、法人設立について勉強する機会があり、行政書士資格を取得する流れとなりました。
資格取得後、令和元年11月に熊本県八代市にて行政書士江尻有希事務所を開業。

独立前に勤務していた、税理士事務所で学んだことを活かし、経営で大事な「ヒト・モノ・カネ」の「カネ」に関する部分を中心として、創業サポート(会社設立・許認可・創業融資)、補助金サポート、財務サポート(会計記帳・資金繰り)をメインに、経営者様の縁の下の力持ちとして活動中。

 

ページ上部へ戻る