障害福祉施設サポート

障害者福祉施設の事業を行うなら、都道府県や市から「指定」を受けることが重要です。

指定を取ると、①行政から認められた施設となり、信用が手に入る、国から毎月給付金がもらえる、というメリットがあり、事業が継続しやすく、より良いサービスを提供することができます。

しかし、この指定申請は、消防・建築に関わる要件確認があり、これが一番の関門で、指定が認められないケースがあったり、忙しくて申請書作成に手が付けられないという悩みをよく聞きます。

施設の開設をする前に、大変な労力が使うことになりますので、ぜひ専門家にお任せください。

 

障害福祉サービス施設指定申請のサポートを行います

 

当事務所では、下記のサポートを行います。

・行政との指定申請の際に必要な相談のアドバイス

・消防・建築に関わる行政窓口へ要件確認とアドバイス

・障害福祉に関わる行政窓口へ相談とアドバイス

・障害福祉サービス施設指定申請書類作成

・障害福祉サービス施設指定申請作成書類の提出

 

障害福祉サービス施設指定申請 料金

 

障害福祉サービス施設指定申請(書類作成・申請代行) 242,000円(税込) ・サービスの内容等をヒアリングし、各都道府県、市に合わせた申請書を作成します。
・建築指導課、消防署、障害福祉サービス課等、役所手続きを代行します。
給付金請求サポート 月額22,000(税込)円~ ・毎月の給付金請求業務を代行します。
会計サポート 月額16,500円(税込)~ ・毎月の記帳代行を行います。
・毎月の収支内容を、見やすくカスタマイズした報告書を元にご説明します。
・経費について改善点があった場合には、ご提案いたします。
・経理に関するお悩みは、随時ご相談頂けます。
※税務申告・税金に関するご相談は、提携している税理士に繋げるので、お客様が新たに税理士を探す必要はありません。

 

 

お問合せ後の流れ

 

お問合せ
お問合せフォームよりご連絡ください。

ヒアリング(初回相談無料)
サービス内容、要件確認などのヒアリングを行います。

ご依頼
お見積もりを提示して、ご依頼となれば契約書を交わします。

消防・建築に関わる要件、人員要件の確認
建物要件が1番の難関です。
要件をしっかりチェックします。

障害福祉に関わる行政窓口へ相談
指定申請の前に、窓口となる担当者との事前相談が必要です。
相談の前に、アドバイスをいたします。

障害福祉サービス施設指定申請書類作成
打ち合わせをしながら、申請書類を作成します。
必要な手続き(利用者に関連する書類作成)についてもご説明します。


障害福祉サービス施設指定申請
作成書類を提出します。

行政の審査・決定後、障害福祉サービス施設の運営開始

 

 

行政書士江尻有希(えじりゆき)のプロフィール


障害者に関するボランティア活動のお手伝いをする中で、法人設立について勉強する機会があり、行政書士資格を取得する流れとなりました。

資格取得後、令和元年11月に熊本県八代市にて行政書士江尻有希事務所を開業。

行政書士として、「障害者の個性を伸ばせる世の中を目指したい」という想いを実現するために、障害者福祉サービス施設指定申請に力を入れる。

また、開業前に勤務していた税理士事務所で学んだことも活かし、経営で大事な「ヒト・モノ・カネ」の「カネ」に関する部分を中心として、障害者福祉施設の運営サポートのほか、創業サポート(会社設立・許認可・創業融資)、補助金サポート、財務サポート(会計記帳・資金繰り)をメインに、経営者様の縁の下の力持ちとして活動中。

 

ページ上部へ戻る