BLOG

最大100万円が貰える小規模事業者持続化補助金を知っていますか?分かりやすく解説!

今回は、初心者でも取り組みやすい「小規模事業者持続化補助金」について分かりやすく解説していきます!

 

小規模事業者持続化補助金とは?

このブログでもご紹介している、最大100万円がもらえる補助金。
正式名称は「小規模事業者持続化補助金」というものです。

概要を簡単に説明すると、その名の通り「小規模事業者」が「事業継続」のため、つまり「集客・売上アップをするため」の取り組み費用に対して補助されるというもの。

ここでいう、「小規模事業者かどうか?」は、従業員の数で判断されます。
とても簡単にいうと、従業員が5名以下ならOKです。

詳しくいうと、

商業・サービス業(宿泊行・娯楽業除く)→従業員数が5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業→従業員数が20人以下
製造業その他→従業員数が20人以下


上記の決められた人数であれば、法人(一般社団法人等はNG)でも個人事業主でも申請することができます。

意外と、「個人事業主は申請できない」、と勘違いされている方が多いですが、申請できますよ!

いくらの補助がもらえるの?

補助率は、必要な経費の2/3、補助上限額は50万円です。

さらに、新規創業者など、要件に満たせば補助上限額が100万円に引き上げられます。

つまり、75万円以上の経費を支払った場合、上限の50万円が手元に戻ってくるのですね。
手出しが25万円ですむということです。

開業間もない事業者にとっては、とても助かりますよね。

ただし、ここで注意が必要です。

補助金は、原則「後払い」です。
いったん自分のお金から設備等を払って、後から補助金が入ってくるという流れになります。

「補助金をあてにして、そのお金で設備を買う」と考えてはいけません。

いったんは自分のお金で支払う必要があるので、自己資金の準備も忘れずにしてくださいね!

補助対象となる経費

下記の経費が、補助の対象となります。

取り組む内容によっては、対象とならない場合があるので、申請する前は公募要領という、ルールブックのようなものがあるので、それをしっかり読んでくださいね!

商工会議所の管轄地域で事業をされている方→公募要領
商工会地域で事業をされている方→公募要領

 

①機械装置費等
高齢者向け椅子・ベビーチェア・ショーケース・エステ機械などの機械装置・設備・ITツールなど

②広報費
新サービスを紹介するチラシやネット広告の作成・配布・看板・DM・カタログの発注や配送など

③展示会等出展費
展示会への出店・新商品生産のための材料調達の調査等に係る費用など

④開発費
新商品・システムの試作開発用の原材料の購入・包装パッケージに係るデザインの外注など

⑤資料購入費
これから取り組みたい事業に関する資料・図書など

⑥雑役務費
これから取り組みたい事業のために雇用したアルバイト・派遣社員費用

⑦借料
機器・設備のリース・レンタル料

⑧専門家謝金
指導を受けた専門家への謝金

⑨設備処分費
新サービスを行うためのスペース確保を目的とした設備処分など

⑩委託費・外注費
店舗改装など、自社では実施困難な業務

申請はどうやってするの?

要件にも該当して、やりたい事業計画が固まったら、さっそく申請の準備をしましょう!

持続化補助金を申請するときには、下記の書類を提出する必要があります。
1つでも不備があったら、その時点で不採択になってしまので、提出前に公募要領(ルールブック)を必ず読んで確認してくださいね!

商工会議所の管轄地域で事業をされている方→公募要領
商工会地域で事業をされている方→公募要領

①経営計画及び補助事業計画
②宣誓・同意書
③直近の確定申告書(個人事業主)※法人の場合は、貸借対照表及び損益計算書

 

この①が、合格を左右します。

ご自身が頭に描いている事業計画を、5枚以内でまとめる必要があります。
厳しいことをいうようですが、ただ書いて提出しても、記載例通りに書いても受かりません。

«関連記事»
→【小規模事業者持続化補助金 令和3年】補助金活用の秘訣と申請のポイント
→小規模事業者持続化補助金の採択されやすい書き方とNGな書き方を解説 
→持続化補助金が採択されやすい事業計画書とは?【説得力を高めるポイント】

審査委員が分かりやすいように、応援したくなるように作ることがポイントです。
上記の記事を参考にして、ぜひ事業計画書を作ってみてくださいね!

①と②の様式は、各商工会か商工会議所でダウンロードができます。

商工会議所の管轄地域で事業をされている方→様式をダウンロード
商工会地域で事業をされている方→様式をダウンロード

まとめ

 

小規模事業者持続化補助金について、なんとなくでも理解できたでしょうか?

最後に、小規模事業者持続化補助金の受付締切のスケジュールをご案内しますね。
実は、事業者持続化補助金には、現在2種類の枠があります。

例年ある通常の①「一般型」と、コロナウイルスが流行してから作られた、②「低感染リスク型ビジネス枠」です。

低感染リスク型ビジネス枠は、コロナ感染拡大防止と事業を継続させるための、「人との接触を減らす取り組み」に対して補助されます。
補助額は、支払った経費の3/4、上限は100万円です。

《関連記事》
→完全成功報酬型!小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型】サポート

補助率も違いますが、受付締切も違うので、しっかりと確認されてください。

一般型
2021年10月1日(金)
2022年2月4日(金)

 

低感染リスク型ビジネス枠
2021年11月10日(水)
2022年1月12日(水)
2022年3月9日(水))


事業を継続させるために申請してみたい!と思われた方、どんどん活用して、その事業計画をぜひ実現させてくださいね!

弊所では、あなたの事業計画を実現するお手伝いをさせていただいています。
お気軽にお問い合わせくださいませ。→お問い合わせはこちらをクリック
補助金申請サポートの詳細はこちらをクリック

お困りごとやご相談は、行政書士江尻有希事務所へお気軽にご連絡ください。
あなたに合った方法をご提案いたします。

関連記事

ページ上部へ戻る