BLOG

完全成功報酬型!小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型】サポート

こんにちは、行政書士の江尻有希です。

弊所では、完全成功報酬型で小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型ビジネス枠】のサポートを行っています。
もし不採択になった場合、お客様のリスクは0です。

最大100万円をもらえる補助金を使って、HPを作りたい!売上アップにつなげたい!広告を出したい!を実現することが可能ですよ。

現在、小規模事業者持続化補助金(第4回受付締切:2021年11月10日(水)低感染リスク型ビジネス枠)のサポートご希望を受付けております!

特にこんな方におすすめです。

〇ホームページやチラシを作成して、販路拡大したい
〇新たな設備を購入したい
〇オンラインショップを立ち上げたい
〇移動販売をしたい
〇不採択になったので再挑戦したい


そんな方の為に、持続化補助金申請サポートを行います!

 

持続化補助金は何に使えるの?

小規模事業者持続化補助金とは、その名の通り「小規模事業者」が「事業を継続」させるために取り組む経費に対して、補助されるものです。

今回の低感染リスク型ビジネス枠では、この取り組みにプラスして「コロナ感染拡大防止のための、対人接触機会の減少」のための取り組みに関しても支援しています。

通常の「一般型」と違って、この「低感染リスク型ビジネス枠」では、いかに対人接触を減らせるか?が重要になってきます。

小規模事業者持続化補助金は、「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」の2種類があります

 

事業を継続しつつ、対人接触機会の減少・・と言われても、初めてこの補助金を知った方にはイメージしにくいですよね?

例えば、以下のような取り組みをみてください。

〇大部屋しかなかった飲食店が、個室を作るために間仕切りを設置する場合(改装する場合)

〇店頭販売のみの事業者が、新たにインターネットショップ立ち上げて商品を販売する場合

〇飲食店が、新たにテイクアウト商品を提供するためのパッケージを作りたい場合

〇1体1でのフェイシャルエステのみのエステ店が、セルフエステの機械を導入したい場合

 

上記のように、人との接触を減らすための設備等を購入することによって、補助金の目的である「対人接触機会の減少」ができて、かつ、事業継続が予想できる取り組みになっていますよね。

上記に限らず、ご自身の事業に合った「事業継続」×「対人接触機会の減少」の様々な取り組みが、補助対象になりますよ!

合格するメリット

補助金のメリットといわれて、「お金をもらえること」と思い浮かぶ方がほとんどではないのでしょうか?

確かに、設備等を買った費用の何割かが戻ってくるのは、大きなメリットですよね。
でも、補助金を合格すると、それ以外のメリットが実はたくさんあります。

〇集客・売上アップができる

〇ぼんやりしていた事業計画がハッキリする

〇採択されるということで、自分の事業に自信がつく

〇集客・売上アップのための動きが分かる

〇やりたいことを実現できる

 

このようなメリットが発生する理由は、補助金を申請するときに「事業計画書」を作るからです。

小規模事業者持続化補助金の場合、多くても5枚の計画書を作る必要があります。
市場状況や顧客ニーズ、売上を上げるための取り組みやそのスケジュール・・。

合格するとどうなるのか?それは・・

自社の売上が上がるように、綿密に計画した事業計画書に対して、「合格」という国からのお墨付きをもらうことによって、お金以外にも、もしかしたらそれ以上に大切なものが手に入るのですね。

どんな事業計画が採用されやすい?

小規模事業者持続化補助金の事業計画は、①経営状況分析の妥当性②経営方針・目標と今後のプランの適切性③事業計画の有効性④積算の透明・適切性、が審査の観点になります。

自社の強みを分析して、強みを活かした事業計画書を、約5ページにわたって落とし込む必要があります。

毎年事業計画を作っている方も多いと思いますが、普通に作る事業計画書では合格できません。

なぜなら、自社の事業計画書には専門用語がズラリと並んでいませんか?

小規模事業者持続化補助金の審査員は、あなたの事業に興味も関心もありませんし、専門用語をわざわざ調べることもしません。

そんな審査員が、事業計画書をパッと見て、見やすく分かりやすく、「これなら応援しよう」と思わせるものでないといけません。

分かりやすさだけを求めて、ダラダラと文章を書き続けてもいけません。

大げさに言うと、文章を読まずとも状況が分かるような写真やグラフ、表を使いましょう。

他にも大事なアイテムとして「数字」があります。

ふんわりとした目標ではなくて、数字を使って具体的に売り上げ目標や目標人数、根拠数をあらわす必要があります。

 

 

持続化補助金の事業計画書について、調べて自分で書こうとしても、うまく落とし込めなかったり、どうアピールすればいいか分からなかったり、残念ながら不採択となって悔しい思いをしている方がたくさんいらっしゃいます。

それで補助金を諦めてしまうのはもったいないと思うし、弊所としては、いろいろな事業者様の事業計画書を作成して実績を積み、さらに採択されやすい事業計画書作成のサポートをしていきたい、という想いがあるので、「完全成功報酬型」という料金体系で補助金サポートをしています。

皆様の補助金獲得のお手伝いをさせていただけたら、幸いです。

 

小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型ビジネス枠】 完全成功報酬型
採択された場合、補助金額の8%から12%の手数料を頂きます。
(事前にお見積もりを作成いたします)

 

お問合せ後、48時間以内に返信いたします。
それ以降返信のメールが届かない場合は、アドレス違いやシステムエラーの可能性がありますのでお問い合わせください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る